FC2ブログ

XLRデジタルケーブル & RCAケーブル

新しいヘッドフォンも来ましたし、追加でケーブルを自作。

今度はウチにもう一台あるヘッドフォンシステム用の

RCAケーブルとCDレコーダー ⇔ D/Aコンバーターを結ぶ

XLRデジタルバランスケーブルです。



XLR Digital  RCA1
使用するパーツ。



XLR Digital  RCA3
まずはRCA(アンバランス)から。
アンフェノール RCAピンプラグ
ACPR-SBK(黒)& SRD(赤) 各2個


XLR Digital  RCA4
カナレ L-4E6S
4芯シールドケーブル 3m x 2
2芯でよかったのですが、ホワイトが欲しくて
このケーブルに。

XLR Digital  RCA6
4芯なので青白2本づつまとめてハンダ。



XLR Digital  RCA7
どですか!
って、色がすこし合わなかったかな?
やはりオレンジにするべきだったのか・・



2つ目
XLR Digital  RCA2
続きましてXLRデジタルバランス。
ノイトリック NC3FXCC & NC3MXCC
デジタルオーディオ対応キャノンプラグ


XLR Digital  RCA5
ベルデン 1800F AES/EBUケーブル。
カラーはブラックのみですのでブラックを。



XLR Digital  RCA8
今回は3番ホット、2番コールド、1番グラウンド。




XLR Digital  RCA9
どですか!
さらにやってくれそうです



XLR Digital  RCA10
完成~
・・・やっぱり白が気になる



XLR Digital  RCA11
接続しました。



か、かっこいい・・ っす





誰にも伝わらぬ喜びを感じる STUDIO S@bo.



スポンサーサイト



C.E.C HD53N & HP-53FB

待ちに待ったヘッドフォン来ました!
(数日前ですが)

cec1.jpg

さっそく開梱。

cec3.jpg

イメージしていたよりヘッドフォンアンプが大きい。

しかもフロントパネルに CLASS A 表記が!

そうかクラスAアンプだったのか!


なんか得した気分♪

みなさんはお買い物の際、ちゃんとリサーチしましょう(笑)




そして自作XLRケーブルを接続して視聴してみる。




・・・これはスゴイですね。


エイジング済んでないせいか多少音が硬いですけど、スゴイです!


どうスゴイかって、音が立体です。

分解能がハンパじゃない。

HP-53FBは密閉型ですが、音が開放的。

装着感はあるものの、音はヘッドフォンの外から鳴っているよう。

ストレスのない音って言うんでしょうか。

広いです。


音を変にいじったヘッドフォンシステムでない限り普通は

頭の中心に音が集まり、方向的には前方120度ぐらいがいいところ。


HP-53FBはベースこそ頭の中心にきますが、他はおのおの散らばって

います。後ろからも鳴りますよ。これ。

高分解能がなせる業でしょうか。


ままま、それ以前に機械側もフルバランスですけれど。

CDトランスポート
↓ XLR デジタル接続(AEU/EBU) 
↓ ワードシンク
D/Aコンバーター
↓ XLR バランス接続
HD53N
↓ XLR バランス接続
HP-53FB


これまででも音は一つ一つはっきりと拾うことはできました。

拾うというより音の方から耳に勝手に入ってきます。

それがさらにレベルアップした感じ。

音がおのおの一歩前進しているのですが、ぶつかり合いません。

鳴っている中に静けさがあります。

このヘッドフォンは「空間」を認識できます。




音を言葉にしようとするからグダグダになってますね。
感想はこのへんで(笑)


cec2.jpg

リアパネル

C.E.Cの凄いところはスピーカー端子まで装備するところ。
欲張りなメーカーです(笑)

これは僕に後でスピーカーを作りなさいと解釈しても
よろしいのでしょうか?



HD53N & HP=53FB フルバランスセットお勧めです!!

バランス接続が可能なシステムをお持ちの方、まじめにお勧めです!

コストパフォーマンスも高いし、定価の音じゃありません。


恐らく倍の値段でも視聴しちゃったら買っていたと思います。



よいヘッドフォンに出会えたことに感謝!!










ますますC.E.Cが好きになった STUDIO S@bo.

気になったら見てみてね。C.E.C株式会社


XLRケーブル

久しぶりにオーディオの話題



子供たちが生まれてからというものスピーカーで

音楽を鳴らす機会がなくなりました。

ボリュームを上げて聴くのが好きでしたから

「うるさーい!!」

と言われるのがオチですので




ここ数年はヘッドフォンがメイン。

デザインを考える時など音楽は欠かせませんからね


しかもヘッドフォンなら何でも・・・ 

というワケにはまいりません!

良質の音はテンションがあがります。

=いいアイディアが浮かぶというもの



この持論計画を遂行すべく
ただ今、秘密裏に新しいヘッドフォン注文中♪
(事後報告予定)

ターゲットはC.E.C HD53N & HP53FB
HDフルバランスシステム。


メーカー取り寄せで少々時間がかかるらしいので
ケーブルを準備して待つこととしましょうね



XLR1.jpg
バランス接続するためキャノンプラグとケーブル。
ちゃっかり先に購入していました。
これで自作します。



XLR2.jpg
↑カナレ L-2T2S 2芯シールドケーブル 6m
シースカラー 橙



XLR3.jpg
↑ノイトリック XXシリーズ XLRキャノンプラグ 
NC3FXX & NC3MXX 各2個




XLR4.jpg
助手を務める虫めがねロボ君。
しっかり押さえてくれるので助かります。



XLR5.jpg
D/Aコンバーターは3番ホット、2番コールド、1番グラウンド。
HD53N側は2番ホット、3番コールド、1番グラウンドなので
2番3番を入れ替えてハンダ付け。
ハンダはムンドルフ ML-100 MSOLを使用。



XLR6.jpg
どうですか!
なんとなくやってくれそうな感じがします


XLR7.jpg

ささ、あとはヘッドフォンの到着を楽しみに
待ちましょう~





妻にヒミツ事をしてしまった STUDIO S@bo.


スピーカー Vol.7

スピーカー Vol.5 続き

製作途中だったMarkAudio CHR-70のエンクロージャー

完成しました!

…というか、完成していました。。

スピーカー胡桃4

ゴールドのユニットにクルミの色が

上手くマッチしたと個人的には思ってます

スピーカー胡桃6

気になる音質ですが、

やはりコンパネとは違った鳴り方をします。

気密性が良くなったというのもありますが、

エンクロージャー自体重みが増したので箱鳴り

しなくなり落ち着いた感があります。

内部もオイル塗布こそしていませんが仕上げましたので

材が硬質化し、響きも良くなったと思います。

(木材は何故かペーパーをかけると堅くなっていきます)


あと、エイジングが進んだせいもあるんでしょうね。。

スピーカー胡桃5

後はこんな感じになってます。


スピーカーベースはまだでしたが、このスピーカー

小型なので可愛くまとめてみようかな…

ちょこんとした脚をつけてみるとか


また時間みて進めてみますね

5cmフルレンジ

かわいらしいユニットを購入しました

おもちゃのようなサイズですが、ちゃんと鳴ります。

5cmフルレンジ

アメリカ AURA SOUND社製 2インチフルレンジユニット。

大きさを分かっていただくため、ごく一般的なサイズのボールペンと

比較しました

このツイーターのようなサイズで低域は250Hzまで再生しちゃいます。

マグネットも強力なネオジウムマグネット採用


ただ、250Hzまで再生とはいえ、正直低音不足なのは否定できません。。

このサイズですから・・


ですのでエンクロージャーはバックロードホーンでいきたいと思います。

サイズを生かして卓上バックロードです


バックロードにするには制御力が弱いんじゃないかなんて言わないで

ください。ちょっと気にしていますので


5cmフルレンジ2

申し遅れましたが、型式 NS2-143-4B ペーパーコーンの

フルレンジになります。

小さいですけどよく出来てますね~


近日試作予定です。
S@bo.カウンター
プロフィール

S@bo.

Author:S@bo.
木工家。家具、オーディオ、好きなものは何でも作ります。
陸上のクラブチームに入った息子の影響でこの年にして陸上に
ハマりつつある今日この頃(^^ゞ



↓↓木工作品はこちらから↓↓



他にもやってます (v^-^v)
*****************************





*****************************

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR