STUDIO S@bo.の何気なブログ

スタヂオ・サボ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダブルバスレフ

前記事「スピーカー Vol.2」で試作した4つ穴のバスレフタイプ

スピーカーを正月休み中に視聴を重ねてみました。

当初は良い感じと思って聴いていました。



・・・人間とは罪な生き物です。

慣れるに従ってもっと低音が出ないものかと欲がでます。

しかも4つ穴のうち上の2つを塞いだほうがいいような感じさえ

してきました。

前の苦労はいったい・・・



ちょうど目の前に初売りで購入した外付けハードの空箱を発見。

何気にダブルバスレフにしてみようと穴を空け

ダクトに装着してみると、こりゃびっくり

あっさりと超低音が出てきます。


前の苦労はいったい・・・



が、諸手をあげて喜んではいられない~

低音をすぎて超低音だけ強調されてちょっと不自然な感じです。

なんとか調整したいところですが、ダブルバスレフは設計が複雑

らしく、これといった決まりがないそうです。

ということは勘をたよりに試作を繰り返すしかないみたい


それじゃ一つ頑張ってみますか!


いろんなやり方があると思いますが、今回は空箱の容積であまるほどの

超低音が出たのでこれ以上の容積は必要ないと踏み先にトータルの

容積を決めて試作してみます。



断面図1


とりあえず構想段階ですが内部に第1キャビネットと第2キャビネットとを

仕切る板を移動できるよう、箱の内部に1㎝刻みで溝をいれます。


内部にあるダクトはあまり超低音にならないよう細めの短めで固定。


第1キャビ、第2キャビ、外部に出る第2ダクトの3つの容積バランス

で調整してみたいと思います。



と、ここでまた疑問というか・・・

いわゆるいたずら的実験がしてみたくなるわけでして

第1キャビネットに外部ダクトをつけたらどうなるんでしょ??


断面図2


もちろんそうなれば第2キャビに流れ込む空気量は半減することは

わかります。

バスレフはダクト数ではなくダクトの総体積で動作するのであれば、

それは仕切ってある第1キャビに対してなのか、それとも結果的に

外部に出るダクトに対してなのか・・・


なんとなく仕切っているので前者のような気がするのは僕だけ?

そして第1ダクトからは低音が、第2ダクトからは超低音が出て

くれるなんてないかなぁ。。


だれか解っている方がいても今は何も言わないで夢を見させて

ください













スポンサーサイト
  1. 2011/01/10(月) 00:59:42|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://studiosabo.blog137.fc2.com/tb.php/23-ffb9ff45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。